CheckInnロゴ
機能詳細 導入事例 ご利用料金 会社概要 資料請求 お問い合わせ

Blog

ブログ

2023.12.07

ホテルシステム

セルフチェックインシステムとは?ホテルが導入するメリットとおすすめ11選

check-in

ホテルのチェックイン時には、しばしばフロントカウンターでの長い待ち時間が発生し、これがお客様の不快感やフロントスタッフの過度な負担につながっています。この問題の解決策として、セルフチェックインシステムの導入が注目されています。

セルフチェックインシステムを導入することで、フロント業務がスリム化され、お客様により快適な滞在を提供することが可能です。また、スタッフの無人化や省人化が進むことで、人件費の削減や業務効率の向上も期待できます。

この記事では、セルフチェックインシステムの機能、導入メリット、システムの選び方などを解説し、最後におすすめシステムも紹介します。

セルフチェックインとは

セルフチェックインとは

ホテルのセルフチェックインとは、お客様がフロントカウンターなどで対面することなくチェックイン手続きを完了し、宿泊する部屋に直接進むことができるシステムです。

このシステムには、主に自動精算機や専用のチェックインタブレットなどが導入されています。最近では、お客様のスマートフォンに館内の地図を送信し、迷わずに案内できるような機能が追加されるなど、よりスムーズな案内が可能になっています。

このような進化により、セルフチェックインシステムを導入するホテルも増えてきています。

ホテルにセルフチェックインシステムを導入するメリット

ホテルにセルフチェックインシステムを導入するメリット

セルフチェックインシステムを導入することで、お客様はスムーズに部屋へ進むことが可能となります。また、ホテル運営側にとっても、人件費の削減や人手不足の解消といったメリットがあります。

ホテル側のメリット

①非接触・非対面による対応
スタッフと接触することなくチェックインできるため、感染症に対するリスクの軽減につながります。

②チェックイン時間のスピードアップ
決められた内容が提示され、館内案内もお客様が必要な情報だけが表示されるため、お客様を待たせず手続きが可能です。

③スタッフ人件費の削減・人手不足の解消
ロビーコントロールやフロントカウンター内部など、フロント周りには大勢のスタッフが必要となりますが、システムが自動で手続きをとってくれるので、スタッフの人件費軽減にもつながります。

④ヒューマンエラーの防止
鍵の渡し間違いなどのミスが起きる可能性が低くなります。

⑤金銭管理の簡潔化
システムと連動しカード決済や自動精算での清算となるため、清算ミスの可能性が低くなり、締め作業も簡潔にすることができます。

ゲスト側のメリット

①チェックインの待ち時間の短縮
チェックイン時間に他のお客様も同時に手続きをしていると、長蛇の列ができることがあります。しかし、セルフチェックインを導入することで、待たされることなく、好きなタイミングで手続きが可能になります。

②清算手続きの簡素化
セルフチェックインシステムには清算機能も備わっており、チェックイン手続きの流れの中でそのまま清算が可能です。これにより、チェックアウト時に待たされることも無くなります。

セルフチェックインシステムの主な機能

セルフチェックインシステムの主な機能

セルフチェックインシステムには、様々な機能が付いています。以下は、代表的な機能です。

チェックイン/チェックアウト・専用の機械やタブレット端末を使用して、宿帳(レジストレーションカード)の記入や宿泊内容を確認
・通常スタッフが行う確認作業を、システムが自動で対応
サイトコントローラー経由で予約情報を取得・サイトコントローラーを通じた予約は自動で振り分けられ、アサインも行われるため、スタッフの作業負担が軽減
・転記ミスの防止にもつながる
宿泊者情報の入力(記帳)と名簿作成・お客様が自動機能を用いてチェックインを確認することで、宿泊者情報の登録など時間がかかる業務が軽減
・ヒューマンエラーの発生も防げる
パスポートデータの取得・お客様がスキャンデータで読み取ることで、顧客データの管理や作業効率が向上
本人確認・AIカメラを使用したパスポート照合などのシステムは、インバウンド受け入れに有効
・スムーズな確認作業が可能となる
鍵の受け渡し・ナンバーキーを発行し、お客様のスマートフォンに通知するなど、直接スタッフが接客しなくても鍵を渡すことが可能
決済機能・QRコード決済やクレジットカード決済など、ホテルが希望する決済機能を設定することが可能

セルフチェックインシステムと自動精算機の違い

セルフチェックインシステムと自動精算機の違い

セルフチェックインシステムと自動精算機は類似する点も多いですが、異なる点もあります。

セルフチェックインシステム自動精算機
事前チェックイン×
セルフチェックイン
対応可能な支払い方法前払い現金支払いカード・コード決済も可
対応できる鍵の種類電子キー電子キー・カードキー
セルフチェックアウト
ホテル管理システムとの連携

セルフチェックインシステムは、事前チェックインが可能であるため、お客様にとってもホテルにとっても非常に便利です。

自動精算機は、現金支払いだけでなく、カードやコード決済などにも対応しているため、お客様にとっては便利な方法です。

どちらも、ホテル管理システム(PMS)と連携できるため、売り上げや顧客情報などを一元管理することができます。

セルフチェックインシステムのタイプ分類

セルフチェックインシステムのタイプ分類

セルフチェックシステムは、以下の4つのタイプに分けることができます。

  • ホテル管理システム(PMS)一体型
  • チェックイン特化型
  • 精算機一体型
  • キーボックス型

それぞれのタイプについて解説します。

ホテル管理システム(PMS)一体型

予約登録や顧客管理が可能な「ホテル管理システム(PMS)」と連動するタイプのシステムです。

チェックインやチェックアウト業務はもちろん、予約や売上管理なども全てシステムと連動しており、ホテルの管理業務を全面的に効率化することが可能です。

スマートチェックインにより人件費の削減が実現し、少ない人数でのホテル運営が可能となり、売上管理業務を担当するスタッフの業務効率化にも繋がります。

チェックイン特化型

チェックイン手続きに特化したタイプのシステムです。

受付にタブレット端末や専用機械を設置し、お客様にパネル操作をしてもらい手続きを完了させます。

操作後、案内に従って鍵を受け取るか、専用のパスキーが発行され、お客様は部屋に進むことができます。

精算機一体型

最近、中規模以上のビジネスホテルで多く見られるようになった、チェックインから清算までを自動化するタイプのシステムです。

このシステムは、現金やクレジットカードによる清算だけでなく、QRコード決済などの最新の支払い方法にも対応しています。

さらに、パスポートの読み取り機能、海外からのお客様の本人確認サポートなどの機能も備えており、ホテル運営の効率化に大きく貢献してくれます。

精算機一体型システムの導入により、ホテルはよりスムーズで効率的なサービスを提供することが可能になるでしょう。

キーボックス型

鍵の受け渡しに特化したシステムです。

お客様がスマホやタブレット端末などを使用して、事前にチェックイン手続きをすればホテルの客室の鍵を渡せる仕組みになっています。

指定された駅やコンビニで暗証番号を入力して鍵を受け取る方法や、暗証番号を発行し客室のドアで直接入力する方法などがあります。

これにより、チェックインの手続きをよりスムーズかつ効率的に行うことができるでしょう。

セルフチェックインシステムの選び方

セルフチェックインシステムの選び方

セルフチェックインシステムを選ぶときのポイントは、主に以下の3つです。

  • 事前チェックインができるか
  • サイトコントローラーと連動できるか
  • 多言語に対応できるか

これらのポイントについて解説します。

事前チェックインができるか

セルフチェックインシステムの導入を検討する際、事前チェックイン機能が付いているかは重要なポイントです。

この機能があれば、お客様は事前にスマートフォンなどでチェックイン情報を入力しておけば、当日はQRコードをかざすだけでチェックイン手続きが完了します。

チェックイン時に列に並ぶことはお客様にとってストレスですが、事前チェックイン機能があれば、ストレスなくチェックインが可能になります。

また、チェックインに関わるフロント業務を、大幅に効率化することも可能です。

サイトコントローラーと連携できるか

サイトコントローラーで、楽天トラベルやじゃらんネットなどのOTA(オンライントラベルエージェント)を管理している場合、利用しているサイトコントローラーとセルフチェックインシステムが連携できるかの確認が必要です。

システム間の相性や連動の可否は様々なので、各システムの性能や特性を見極める必要があります。

CheckInnというシステムでは、サイトコントローラーからPMS、予約エンジンまで全てが一体化しており、このシステムだけで全てを連動させることが可能です。

→Check Innの公式ホームページはこちら

多言語に対応できるか

インバウンド(外国人旅行者)の需要が高まる中、システムの多言語対応は重要なポイントです。

特に、セルフチェックインやチェックアウト手続きを行う際、お客様に理解しやすい言語で表示されるかを確認しましょう。

日本語、英語、韓国語、中国語などに対応しているシステムは多いですが、自ホテルで多く利用される国籍のお客様に対応できるかも確認が必要です。

PMS一体型セルフチェックインシステムおすすめ3選

PMS一体型セルフチェックインシステムおすすめ

PMS一体型おすすめセルフチェックインシステムについて紹介します。

aipass for hotels

運用から集客までをしっかりとこなしてくれるシステムです。大手ホテルチェーンなどに導入実績があります。

LINEと連携し事前にチェックインを実施したり、お客様のスマートフォンを通して、館内の案内やクーポンを配布し館内利用の促進を図れます。

その他、PMSとの連動やマーケティング項目も充実したシステムです。

導入事例チサンホテルグループ
ハウステンボス
初期費用0円
料金Free:スマートチェックインのみ(0円)
Basic:スマートチェックインとプラグイン(10,000円より)
cistomize:別途お見積り
参考aipass for hotels 

AirHost HMS

自動化、効率化、省人化を意識したシステムです。

導入ホテルのニーズに合わせて様々なソリューションと組み合わせが可能です。

民泊や中小規模を中心とした宿泊施設に導入されています。

導入事例導入企業400社
管理施設16,000ホテル
国内とシンガポールで展開中
初期費用10,000円より
※ホテル規模などにより変動
料金客室数により変動1~3室:6,000円より
20室以上の場合は別途お問い合わせ
※複数の有料オプション機能もあり
参考AirHost

HOTEL SMART

ホテル向けの管理システムとモバイルチェックインに特化したシステムです。有人無人や規模に関わらず対応しています。

宿泊予約の管理や売掛システムとの連動、リピート獲得機能まで充実しています。

導入事例全国1200施設以上で導入
例)VILLA BRAMARE
初期費用100,000円より詳しくは別途お問い合わせ
料金月額:30,000円より詳しくは別途お問い合わせ
参考HOTEL SMART

チェックイン特化型セルフチェックインシステムおすすめ4選

チェックイン特化型セルフチェックインシステムおすすめ

チェックイン特化型おすすめセルフチェックインシステムについて紹介します。

maneKEY

多様化するお客様に快適なチェックインをお届けするシステムです。AIによるパスポートの本人確認や宿帳との照合ができます。

IOT系のシステムと連携することで自動でルームキーの受け渡しも可能となります。

人材不足、インバウンド対応、生産性の向上、感染症対策にお悩みのホテルにおすすめのシステムです。

導入事例The Peak Villa Suite Hokkaido
FUTABA HOTEL
初期費用49,000円
※ソフトウェア9,000円+ハードウェア40,000円
料金従量課金プラン
月額料金は無料、チェックイン件数1件~10件まで:1件あたり500円
月額固定料金プラン1室~10室までの宿泊施設:1部屋あたり2400円
※10室以上はホームページで要シミュレーション
参考スマートチェックインシステム maneKEY

Tabiq

4つのシステムから構成され、無人、省人チェックインを目指せるシステムです。

スマートロックなどのキーボックス系システムと連動し、事前チェックインやセルフチェックインの機能が備わっています。

チェックイン方法も、予約IDや電話番号の他、顔認証でもチェックインが可能です。

タブレット型なので、フロント周りもスッキリと収納できます。

導入事例恩納オーシャンビュースイート
airBest株式会社
初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
参考Tabiq

Mujinn

ホテル規模を問わず対応できるフロント業務の無人化を目指せるシステムです。

日本語、英語、中国(繁体・簡体)、韓国、タイ語の5か国語に対応しており、インバウンド対応に重点をおいています。

また、ファミリーマートのファミポートとも連携しています。決済機能に不安がある施設でも、ファミリーマートへお客様をご案内することで事前決済が可能です。

導入事例ホテルリビング那覇港前
LAVA SAUNA & VILLA
初期費用無料
料金月額:5,000円/棟
2~10室:1,000円/室
11~30室:500円/室
31室以上:300円/室
※一戸建てプランや1室プランは別途お問い合わせ
※スマートロックなどの各システムとの連携には別途オプション料金が発生
参考Snart front MujInn

AIチェックイン

ホテル運営会社が開発したスマートチェックインシステムです。

他社にも備わっている非対面チェックイン機能などはもちろんのこと、現場で発生する課題をもとに製作されているので、よりフロント業務の利便性向上が実現できます。

スマートチェックインの場合、清算もカード決済やQRコード決済が多いですが、現金決済にもしっかり対応しているのも嬉しいポイントです。

導入事例要問い合わせ
初期費用1施設あたり30,000円より
※設置するタブレット台数などで変更
料金1~10室の宿泊施設の場合:月額部屋単価3,000円
※1施設の部屋数に応じて変動
参考AIチェックイン

精算機一体型セルフチェックインシステムおすすめ2選

精算機一体型セルフチェックインシステムおすすめ

精算機一体型おすすめセルフチェックインシステムを紹介します。

Finexit

自動精算機は、大型なサイズのものが多いですが、このシステムではロビーのインテリアに合わせたデザインで設置可能です。

宿泊施設が希望する任意の釣銭機やキャッシュレス決済などを選択することができます。

決済機能に特化していますが、セルフチェックインができる機能も充実しています。

導入事例あかん湖 鶴雅ウイングス
函館大沼 鶴雅リゾート エプイ
初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
参考Finexit

スマーレ

駅券売機のシェア1を誇るオムロン社の端末です。全4タイプあり、全ての清算をこなす独立タイプや、事前決済やキャッシュレス決済のお客様向けに特化した卓上タイプなどがあります。

もちろん、自動チェックイン機としての機能も備わっているので、ロビーの混雑解消にも役立ちます。

365日24時間対応のコールセンター機能もあります。

導入事例アパホテルグループ
東横INNグループ
初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
参考セルフチェックイン端末スマーレ

キーボックス型セルフチェックインシステムおすすめ2選

キーボックス型セルフチェックインシステムおすすめ

キーボックス型おすすめセルフチェックインシステムを紹介します。

リモートロック

使いやすさや機能面で、経営者やスマートロック利用者に選ばれたスマートロックシステムとして数々の賞を受賞したシステムです。

様々な扉にシステムを導入でき、暗証番号も有効期限の設定を設けられます。

また、清掃担当者などに向けて曜日や時間指定で解除できるパスコードを設定するなど、様々な状況に対応できるシステムです。

様々なPMSやセルフチェックインシステムと連動するので、使い勝手もよく、フロント業務の無人化を目指すことができます。

導入事例なんば戎ホテル
地獄温泉 青風荘
初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
参考Remote LOCK -リモートロック-

キーステーション

駅や特定の物件に設置したキーステーションで鍵の受け渡し管理が可能です。

暗証番号など設定し、指定された場所へ行き利用者が鍵を受け取り、ホテルの客室など、サービスを受けられる部屋に向かうことができます。

スマートチェックインのシステムを導入しても、鍵の受け渡しが課題という宿泊施設にはおすすめの機能です。

導入事例要問い合わせ
初期費用0円
料金月額:3,000円/スロット(税別)
※無制限で何度でも利用可能
参考KEY STATION

目的を明確にしてチェックインシステムを導入する

目的を明確にしてチェックインシステムを導入する

セルフチェックインシステムには様々な機能が備わっており、システムごとに特徴も異なります。

まずは、自ホテルがチェックインで抱えている課題、システムを導入する目的を明確にすることが重要です。そうすることで、より最適なシステムを選ぶことができます。

セルフチェックインシステムにより、ホテル側にメリットがあるだけでなく、顧客満足度を高めることにも繋がるため、問題点、目的、予算などを検討して、自ホテルに最適なシステムを導入しましょう。

ニュース一覧に戻る
アプリ画面画像
ロゴ画像

ご不明点やご相談がございましたら
お気軽に問い合わせください